松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤンキース 引き続き苦戦!
 相変わらず、ゴジラもヤンキースも苦しんでいる。

 昨日はチャコーンが好投、ピッチングスタッフのがんばりで勝ったものの、今日は打線の慢性タイムリー欠乏症にピッチングスタッフが我慢し切れなかった。

 とにかく目に付くのは、ここぞという場面での主力打者のダブルプレーだ。先日もシェフィールドのダブルプレーがいたかった、と言う試合があったし、今日も初回のワンアウト1,2塁でのA-RODのショートゴロ、ダブルプレーが序盤戦を大きく左右した。
 今のヤンキースの3,4番は間違いなくMLBでも指折りのスラッガーのなのだが、二人揃って、場面に応じダブルプレーを避けて、最悪進塁打になるように打とう、といった態度に欠けたプレーをしている様に思えるのだがどうだろうか?

 ゴジラも一昨日の
YIさんの書き込みでダブルプレーのことを指摘されていたが、今日の7回か8回のワンアウト1,2塁の場面では、外野フライにうち取られたものの、A-RODはこれで3塁に進塁したし、ゴジラにはダブルプレーにならないように打つ意図はあったと思う。
 ジオンビーもA-RODより足も遅く、ダブルプレーになる可能性は高いが、それなりに考えた対応をしているように思うのである。

 調子が良くてヒットがガンガンでていれば、結果として何の問題もないのだが、今は投手陣も波に乗り切れていない。今、流行のスモール・ベースボールとは言わないが、このままでは、YIさんの言うように去年の二の舞になってしまうのではと心配だ。


 もう一つ
 トーレ監督が、ゴジラの対左投手の打率が1割7分9厘と聞き「ひどいな。どこかよそに放出するか」と冗談交じりに語ったと聞いた。もちろん冗談のはずだが、筆者の思うところでは、トーレ監督はそれを聞いた選手が気になるようなことを冗談でも簡単に言う人ではない。ゴジラも本当にがんばらないとまずい、という気持ちを強くした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkok2005.blog41.fc2.com/tb.php/72-fb21a5df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。