松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Every Yankee Does His Part in Opening Rout
ニューヨーク・タイムズの見出しは、「ヤンキースの選手は皆役割を果たした」と上記の書き方。うーん、僕はね最初の回には得点がなかったヤンキースだが、ジトに23球も投げさせたのが勝因の一つかな、と。
 A-Rodも「一回に多投させたことで、我々がジトを捕まえるのは時間の問題だった」と。そして2回、松井が四球で歩いてそして今年の最初の得点者として松井が生還。そこから、怒濤の攻撃。
 ところで、「怒濤」と言えば私は昨日甲子園にいました。横浜の攻撃も怒濤だったな。いくら贔屓チームが勝ちでもおもろない。もっと競った試合が見たい。
 私の過去の経験から言って、開幕試合に大勝して、その次の試合で大敗した場合は、特に巨人とヤンキースはあまり良くない。そのシーズンは結構苦労している。
 というのは、投手陣の自信が崩れるからだと思う。「打ってもらわねばダメだ」という。うーん、第二戦に競り合えるか、そして勝てるか。ヤンキースにはそれが大事だと。今日のポイントは、一つそこです。
 松井の場合は、去年のことがあるから開幕戦の好調がしばらく続くかどうか。花粉症との戦いがポイントで、去年は開幕3~4試合目から不振になった。HRが出なくなった。松井の今年の出足はナイス。しかし、松井の本当の調子はあと一週間は見る必要がある。
                          YI
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkok2005.blog41.fc2.com/tb.php/53-1b9b54c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。