松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤンキース契約更改いろいろ
 ヤンキースの大物選手の契約更改に動きが出てきた。

 まずは、かなり早いタイミングでFA宣言していたので心配していたポサダ。どうやら4年間、$52Mの契約がまとまったようだ。今シーズンの活躍、今までの実績を考えればこれ以上のオファーを出す球団は間違いなくあったはず。あえて、残留の道を選んだポサダは『ヤンキースに残りたい。私の心は、ヤンキースにある。お金は関係ない』と語ったそうだ。ヤンキースファンとしては本当に泣けるセリフだ。来年からはこのブログのサブタイトルを『松井秀喜とポサダのチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ』に変えてみようか・・。ちなみにアンチトレード条項等の諸条件は分からないが、4年、$52Mは今のゴジラの契約額と全く同じである。

 次は、アレックス。何と残留話が急浮上。彼はスタインブレナー一族と直接話し合った後、自身のブログで『ヤンキースに残ることが自分と球団の将来に必要だ』と記しているらしい。彼に対しては先日の書き込みでかなりきついことを書いた。まだ本質は良く分からないが、もし先日広がった金に関わる話の多くが、彼本人ではなくエージェントのボラス氏から広がった話で、ある種誤解であるならこれは選手にとって大変不幸なことだ。エージェントもよしあしかなと考えさせられる。

  最後にリベラ。ヤンキースは3年、$45Mのオファーをしているらしい。筆者の頭にある強いヤンキースは常にトーレ監督、ジーター、リベラと共にある。だが、あえて言うと来年以降必要になるのはリベラではなく、ポスト・リベラ、新しいクローザーだと思っているし、既にその候補も球団内にいる。彼は素晴らしいクローザーだが、既に全盛期は過ぎ球速が衰えつつある上、以前に比べ球種も減っていて、慣れた相手(特にBOSのバッター)には少しコンディションが悪いと簡単に打たれることが増えている。このオファーを見ると、ここ数年間ピッチャー補強に失敗し続けたフロントが筆者の頭をよぎる。今年こそは投手補強の失敗は許されないと思う。


rivera
リベラは今でも筆者が大好きな、MLB屈指、栄光のクローザーだが、ヤンキースにはそれ以上に頼りになる若いピッチャーが必要だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkok2005.blog41.fc2.com/tb.php/352-02a5652c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 小学校高学年からグレ始め、中学、高校と不良として過ごした筆者。一念発起して大学進学、母親の死を乗り越えて6度目の挑戦で司法試験に合格し、弁護士として歩み始めるまでの軌跡(奇跡?)を描く。 世の中に合格体験記は数多く、受験生は有り難く拝読して夢を疑似体
2007/11/16(金) 21:10:52 | 本ナビ!by Tamecom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。