松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
背番号51
 背番号51と言えば皆さん誰を思い浮かべるだろうか?

 やはりイチローだろうか。ヤンキースの場合はバーニー・ウィリアムスが背番号51だ。イチローが背番号51を選んだ理由の何割かはバーニーに憧れていたことによるというの聞いたことがある。

 今、メジャーリーグで背番号51のプレゼンスNo.1は、やはりイチローだろう。では、マリナーズの背番号51の前任は誰かと言えば、ご存知だろうか?このブログを読んでくれているメジャー好きの方ならご存知の方が多いかもしれないが、それはビッグ・ユニットことランディ・ジョンソンである。90年台後半のメジャーの背番号51と言えば、バーニーとランディが人気を二分していたと思う。

 その意味では、もしイチローがメジャーに移ったときにランディがマリナーズにいたらイチローの背番号51は実現しなかったはず。ランディはフリーエージェントの権利を得る前年にアストロズに放出された。プレーオフシーズン近くになって出場の可能性の低い球団が、翌年フリーエージェントの権利を得てサラリーの高騰が予想される大物選手を他のプレーオフ進出の可能性の高い球団に対して有利な条件でトレードに出すというのはよくあることで、多分今年も似たようなケースがあるだろう。

 結局、その年アストロズはプレーオフで結果が出ず、ランディはほとんどプレーオフシーズンだけで翌年にはアリゾナ・ダイアモンドバックスへとトレード、やはり背番号51だったのだが、今回のヤンキース移籍ではついにバーニーとバッティングし、背番号41となったわけである。

 最初の質問に戻ると、筆者的には、背番号51は実はランディ・ジョンソンで、もしバーニーがランディより先に引退するようなことがあれば、是非ヤンキースの51番を引き継いで欲しいと思っている次第である。


 060215_2052~01.jpg
これはランディのダイアモンドバックス時代のTシャツ。ヤンキースが2000年を最後にワールドシリーズで勝っていないことは何度も書いたが、実は2001年にヤンキースワールドシリーズ4連覇の夢を打ち砕いたのは、現ヤンキースのランディと現レッドソックスのシリングを擁したD'backsなのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは(^^)
こんにちは、http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/でブログが紹介されていましたよ!また見に来てもいいですか?
2006/02/15(水) 22:06:58 | URL | マナ #-[ 編集]
いつでも
どうぞ、歓迎します。
2006/02/16(木) 22:53:47 | URL | JZ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkok2005.blog41.fc2.com/tb.php/32-61d8c684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。