松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーム差、再び一桁に
 なんだか知らないが、ボストンが11安打もしながらトロントに1-2で破れ、なんだか知らないが、ヒット数のかなり少ないニューヨーク・ヤンキースが7-6でタンパベイに勝ったことにより、ボストンとニューヨークのゲーム差は「9」となった。ボストンはベケットで負けている。
 ヤンキースはこれで45勝44敗でやっと貯金1。ボストンは55勝36敗で、貯金は19。最近のボストンはちょっと投打のバランスが良くない。ベケットが2点で抑えているのに、11安打して1点しか入れられないというのはちょっと酷いだろう。
 ワイルドを見ると、前日までの段階でクリーブランドが0.593、シアトルが0.580。イチローががシアトルに残った理由が分かるような勝率だ。シアトルには今年十分にプレーオフに出るチャンスがある。
 シアトルの貯金は14。ヤンキースの貯金との差は13。今後を考えるとシーズン終わりには貯金が25~30くいらあれば、もしかしたら「2位勝率トップ」の可能性がある。ヤンキースがそれに達するためには、多分当面3勝1負けのペースを保つ必要がある。対タンパベイではそれが出来た。
 ということはまだチャンスはある。松井は良くなった。ロドリゲスが3割を割るかも知れないのがちょっと気にかかる。あとは0.244の一番デーモン。投手はまずまず。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkok2005.blog41.fc2.com/tb.php/284-1f3de2c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。