松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついにゴジラのオープン戦開幕
 このところ書込みをしていないな~、と思っていたら、あっという間に一週間以上のインターバルになってしまった。

 この間、日本人MLBプレーヤーのニュースの中心は一に松坂、二に井川って感じで、ゴジラ・ニュースがなかったことでついつい書きそびれてしまった次第。反省、反省、継続は力なり。

 今日はゴジラは例のケガの影響(心理的な)を感じさせないスライディング・キャッチでトーレ監督から『グレート』との賞賛を受け、2打数1安打。アウトになった打席もいい当たりだった。本人のいう『まあまあ』よりはよいパフォーマンスだったのではないかと思う。
 
 今年のヤンキースは、従来のレギュラーメンバーにカブレラを加えた4人で外野陣をやりくりする予定らしくカブレラはただの控えではないらしい。
 これを聞いた時思い至ったのは、'98-99年のWS連覇時代のヤンキースの外野の布陣。この時のメンバーはバラエティにとんでいて、筆者の好きなダリル・ストロベリー、スイッチヒッターのティム・レインズ、左キラーのチャド・カーティス、勢いがあって守備のうまいマイナー上がりのリッキー・リディ、日替わりで外野のメンバーが代わっていたのだが、これが結構楽しみだった。

 今回の四人衆は、ふと気づけば皆左バッターである。まじめに考えると少し右バッターが足らない気もする。
 ともあれ、ゴジラには他の3人に負けずに是非、試合にたくさん出て欲しい。レフトのみならず、センターだってたまには守ってもよいのではと思うがどうだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkok2005.blog41.fc2.com/tb.php/189-06ae9911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。