松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
井川と伊良部
 NYでは、既に井川バッシングらしきものが一部始まっているらしい。井川という見たことも聞いたこともないピッチャーのために30億円も出す価値があるのか、と考えているヤンキースファンがいるようだ。

 井川は第二の伊良部だ!と否定的なコメントも出回っているそうだ。確かに伊良部の態度は常に紳士的だったわけではなかった。そういう意味では伊良部に悪い印象を持ったままの一部のファンの言動かと思う。

 ただ筆者は伊良部については、彼を擁護してあげたい気持ちも一部持っている。結局、伊良部は、マスコミ、ファンとうまくコミュニケートできずに、結果の出ないままヤンキースを去った。勝ち星を多く重ねる前にストレスに沈んでしまったのだが、彼の場合明らかにがんばっていた時期はあったのである。
 その当時、ヤンキースの先発投手の中で防御率が一番低かったのにも関わらず、なぜか伊良部先発の試合ではヤンキースは打線がふるわずに見殺し、となった試合が結構多かった。今でも決して実力が通用しなかった訳ではないと思っている。

 まあ、井川投手が第二の伊良部かどうかは、彼自身が証明すればよい。ヤンキースの先発投手という立場は他のチームとは一味違うプレッシャーをもたらすことは間違いない(今回のバッシングもその一部だ)が、伊良部が最初の登板でナイスピッチングをした時には、ヤンキーススタジアム全体がスタンディングオベーションで彼を迎えたことを思い出す。よいものにはちゃんと反応するのもヤンキースファンである。

 たまりやすいストレスの発散あたりはゴジラにもサポートしてもらって、貴重な左の先発投手としてヤンキースを引っ張って欲しい。井川がオーティースを三振に打ち取る姿がもう目の前をちらちらしている


今ふと思ったのだが、二人目のヤンキース日本人投手の誕生なのだから、伊良部投手へのインタビューや、コメントを求めたりとかある方が普通だと思うのだが、そういうのが一切ない。やはりマスコミ受けが悪いのはNYだけではないようだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkok2005.blog41.fc2.com/tb.php/166-6439aad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。