松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松坂の行方 その3
 松坂ニュースのその後だが、一度は入札最高額15億程度で当初予想を大きく下回ったとの報道があった後、今はR-SOXが最高で$45M程度、レンジャースが$30Mで入札した模様。ということになっている。

 ヤンキースについては全然情報が伝わってこないが、もし上の情報が正しいとするとどこかからリークしているわけで、ヤンキースもそれなりの高額入札をしたのではと考える筆者としては情報管理の面でやはりヤンキースは上の2球団と少し違うなと思う。もし2球団にリークした関係者がいるのなら自分達が落札したはずという興奮を抑え切れなかったということだろうか。

 まだ結果は出ていない。ただ、もし入札額の情報が正しいのならヤンキースとしては同じコストでもっと良い戦力補強ができるはず(いい先発1.5人ぐらい補強できるのではないか)で松坂のヤンキース入りはないだろうし、それはそれでよいと思う。

 もし、松坂がR-SOX入りした場合、もともとMLBの巨人阪神戦(今は伝統の一戦の面影もないが)と例えられていたカードが日本のファンに一層の興奮をもたらしてくれるだろう。ヤンキースの地区優勝のハードルが高くなるのは幾分つらいところもあるが、以前書いたとおり筆者としてはヤンキースには若い左の先発が少なくとも一人は必要だと思う。

 それに松坂はまだ若い。ベーブルース、クレメンス等々の元R-SOXのビッグネーム同様にいずれはヤンキースってことだって十二分にあるはず。結果は月曜日にはでるらしいが、さてどうなることやら?


 さらば、シェフィールド

 昨日、シェフィールドのタイガースへのトレードが決まった。シーズン中はWS制覇のためならとファーストへのコンバートにも不満を言わずがんばっていたシェフだが、プレーオフ敗退以降、自身の契約への不満や球団フロント批判が多くなっていたので恐らくトレードは避けられないと思っていた。思いのほか早く決まったという印象だ。やはりヤンキースの内部批判者に対する対応はジャニーズ事務所並みに早く厳しい。

 以前も書いたのだが、これでシェフは1997年に一緒にWSを勝ち取ったリーランド監督の下に10年ぶりに戻ることになる。来年のタイガースもかなり手強い相手になりそうだ
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkok2005.blog41.fc2.com/tb.php/159-89984868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。