松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンにとっても、彼にとっても最高の.....
 やっとヤンキースの試合を見る気がしますね。松井が居て、そしてシェフィールドが戻ってきて。


 「松井が帰ってきてくれて、本当に嬉しい」

 「当面は中軸を打てるかどうか様子を見る」

 「ポストシーズンを前に彼が戻ってきたことは大きい」


 と松井復帰についてトーリ監督。松井は8番指名打者(DH)での対タンパベイ戦スタメン出場。ヤンキー・スタジアムでの復帰第一戦。表はムッシーナが危なげなく3人で処理。その裏の1回裏ヤンキースの攻撃は3番アブレイユが第一打席から目の醒めるようなライトへのスリーラン。松井への祝砲!。


  1. 第一打席。1回裏。1アウト1、3累。観客総立ちで拍手。つまりスタンディング・オベーション。松井、一度打席に入った後、この歓声にヘルメットをとって挨拶。少なくとも私はHRを打った後のカーテンコールは見たことがあるが、こうした形で選手がお祝いをされた例をほんの少数しか知らない。見逃しとファールで2ストライクになったあと、多分4球目だと思ったがやや鈍い当たりのセンター前への浅いフライ。最初センターが取るかなと思ったが、その前に落ちてヒット。打点1。その後の打者のヒットでベンチに戻ってきてジーターらが何かを松井に言っている。楽しそう。1回が終わった段階で既にヤンキースは9点。


  2. 第二打席。3回裏。先頭打者。また凄い拍手。1ボールのあと、今度は内角やや低めをまっ芯で捕らえてライトやや左にライナーのヒット。軌道がちょっと上ならHRだった。松井ヒットのあと、観客の3割はまた立って拍手。この回3点が入ってヤンキース12対0。


  3. 第三打席。4回裏。カノーがレフトフライのあとの二人目。まだ結構な拍手。またヒット。センターのやや右前。3-3。ジーターの打席には必ず観客席から「MVP」の声がかかる。オルティーズなどとの競争激化。今現在松井はHR5、打点20とテレビの表示。打率は0.277だったと思う。4回を終わって12対0。


  4. 第四打席。6回裏。カノーがセカンドゴロに倒れた後。また凄い拍手・歓声。二球目に大ファール。その後にピッチャーの右、二遊間を抜いてセンター前ヒット。4-4。ベンチが写る。ジーターが笑いながら何かつぶやいている。「尋常な奴じゃない」という風情。スタンドは大歓声で、観客は総立ちとなる。凄いやっちゃ。まるで復帰を楽しんでいるかのように、軽くバットを振り、それがヒットになっている。ナイス。この時点で松井の打率は0.285。


  5. 第五打席。8回裏。残っていた観客は大歓声。フルカウントから4球。打ちたかったが、外だったな。松井は5打席全部出て、これでお役ご免。ベンチに下がった。その時にまた観衆が歓声。ベンチも暖かい歓迎。この時点の松井の成績。打率0.285、HR5、打点20。ちょっと寂しいが、ヤンキースの残り試合は19。今年のヤンキースは、ポストシーズンも期待できると思う。リベラがちょっと心配なくらい。

 楽しい試合観戦でした。これから東京に移動しますが、改めて松井という打者のすごさを感じました。綺麗に単打4本であとは四球を選んだというのが松井らしい。ジーターやトーリ監督はじめ、「ベンチも驚いた」という印象でしょう。見事仕事を終えた松井が、ベンチの中で回りの選手と談笑。ほっとして、そしてうれしさがこみ上げてくる時間だったのでしょう。彼の隣はトーリ監督。試合後にインタビューを受けた松井の言葉。
――――――――――――――
(復帰を聞かれて)ありがとうございます。

(4-4を聞かれて)びっくりしました。

(観客の歓声と拍手が凄かったことについて)嬉しかった。一日ずっとそうだったし。一生忘れない。グランドに立つ日を待っていた。信じていた。つらいことはなかった。残り少ない中で、良いプレーをしたい。

(日本のファンに一言)そうですね、ヤンキース戦を見にニューヨークに来た人もいるのに、4ヶ月も寂しい思いをさせてしまった。その分残り少ない試合ですが、活躍したい。

 Nice and congratulations to Matui.


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkok2005.blog41.fc2.com/tb.php/125-ec817424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。