松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メルビン監督残留
メルビン監督残留が決まったことで、ゴジラもA's残留の可能性が高まったと報道されている。年棒30%カットでの契約更改がオファーされるとのこと。しかしここのところまたゴジラは打てていない。11試合打点がないのも球団発表によるとメジャー最長(現時点でなのか、今年の最長記録なのかわからないが) 来年のことよりいい形で今シーズンを終えてはしい。3番としての打点も今のままじゃ寂しい!!
スポンサーサイト
ゴジラ4試合連続のノーヒット!!
 ウ~ム、松井選手は4試合連続のノーヒット。プレーオフ進出がなくなっただけに、A'sには来季に向けて若手に経験を積ませるインセンティブが生じやすい時期にかかっている。もうひと頑張りしないと来季に向けてのゴジラの道は開けてこないのでは。。

 もう一つ話題としては、A'sのGM、ビリー・ビーン氏が来季の開幕にA'sとマリナーズの試合開催を日本でとのアイデアを出しているとか。もちろん、ゴジラ、イチロー人気を商業的に利用しようとの狙いがあるのだと思うが、一部には彼をテーマにした本、マネーボールの映画(主役はブラッド・ピットらしい)の宣伝にもなるとのトークもある。そうするとゴジラの残留契約はこのイベント次第との雰囲気もただよい、正直あまりいい気分ではない。
GMのここのところのコメントも8月のあの絶好調期のゴジラへの評価からはかなり後退しているように思っている。ゴジラには是非勢いのある結果で今シーズンを終えてほしいものだ。


060305_0939~01.jpg
この本自体は、かなり前に私も読みましたがなかなか面白い本です。本を書いたのはあの『ライヤーズ・ポーカー』を書いたソロモン・ブラザーズ出身のマイケル・ルイス
松井君の2塁打!!
先週から今日の試合にかけて、松井選手、2塁打たくさん打ちましたね。特にマリナーズ戦での一試合3本の2塁打は全部外野フェンス直撃の大きな当たりだった。久々の12号HRをレンジャースのホーム球場でも打ったし、いい一週間だったのでは。
ただこの調子でいくと、その内ゴジラの2塁打の日米通算数が、HRのそれを追い抜くのも遠くないのではないかと思っている。やはり、A'sのホーム球場アメラダ・カウンティ・コロシアムは球場が大きいしHRが出にくい。考えてみればマリナーズ戦の一試合3本の2塁打って、ヤンキーススタジアムなら全部HR、一試合3HRだったはず。ウ~ム・・・。

これからは、ゴジラの日米通算の長打数(2塁打以上の意)を追っかけても楽しいのでは。なにせ先日HRで500本達成、今2塁打で490本台、3塁打が何本なのか知らないが恐らく3つ合わせると1000本を超えているはず。この記録MLBも合わせ世界最高って誰なのだろう?


写真2
レンジャーズの球場で12号を打ったゴジラ。ホーム球場次第で20本近くにはなっていたのでは?
松井選手のトレードはなし!!
結局、ゴジラのトレードはなし。フィリーズが興味を示しているとの話もあったが (確かに2009年のワールドシリーズでまさにフィリーズを木端微塵に打ち砕いたゴジラが割安に手に入ればとの思いはあったかも)、やはり8月後半のゴジラは迫力不足だった。

もう一方の話題、日米合わせての2塁打記録は更新。本人はあまり興味ないらしいが、2塁打を打つたびに記録更新ということになった。昨日は走者一掃の2塁打3打点の活躍が久々にLiveで見れたのは嬉しかった。

ただ、今回のトレード材料にならなかったという意味でA'sのビリー・ビーンGMにとってのゴジラの商品価値は低くなった面は否めない。これからは来季契約に向けてゴジラの戦いは続くのだと思う


写真
でもやはり、プレーオフで活躍するゴジラを見たかった・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。