松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれれ、アレックス君......
 ニューヨーク・タイムズで見るA-RODの目は泣いているように見えました。

 「When I arrived at Texas in 2001 I felt an enormous amount of pressure to perform」

 と。どえらいプレッシャーがあったことは確かでしょう。 で、彼はこう述べた。

 「Back then it was a different culture. It was loose. I was young. I was stupid. I was naïve. And I wanted to prove to everyone that I was worth being one of the greatest players of all time. I did take a banned substance, and for that I am very sorry and deeply regretful」

 文化が違った。まあそれはあるかもしれない。しかし良いことでなかったことは確かだ。「歴史に残る大プレーヤーの一人だと誰に対しても証明したかったのだ」という発言も。

 うーん、問題はこれからですね。                      Y.I.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。