松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらら
 せっかく井川で勝ったのに、その直後の試合でまた負け。ヤンキース4 レッドソックス7。レッドソックスの3,4番はHRのそろい踏みなのに、ヤンキースの3,4番はヒットを打つのがやっと。しかもチャンスに打てない。
 チャンスに打てないのは松井も同じ。二回も大きなチャンスがあったのに、今日も4-0。打率は0.207。次の打席に打てなかったら1割台も。岡島にまたピーゴロ。その前は二打席セカンドゴロ。またゴロキングか。最後は三振。
 おいおい、これじゃ昨日の井川の好投が生きないよ。  Y.I.
スポンサーサイト
やっと勝った・・・!!!本当によかった。
 ヤンキースがレギュラーシーズンの1試合を勝っただけでこんなにうれしいのは初めてのことだ。

 筆者的には、この前の書込みでいわば酷評した井川投手が今日はヤンキースを救ってくれた、本当によかった。

 さて明日は王建民の先発試合。ここで何としてももう一試合、勝利を手にしたい。

BBが多いのはよ~く知っているが、ゴジラも2割4歩じゃ、やっぱり寂しいぞ!!


                            JZ
“Igawa was outstanding,” Rivera said.
NY Timesの記事から。
表題に続いてリベラは、“He picked us up. Today was a team concept. Igawa pitched tremendously, and the bullpen followed. Definitely, we needed the win. We went out there fighting today, fighting with everything we’ve got. Thank God we were able to win.

ナイスピッチでした。これでトーレ監督、井川両名、いや、リベラも含めて全員の首がつながった感じ。怪我をしたカースティンはDL入りになり、井川は再び先発ローテーションへ。
ヤンキースは今日の余勢をかって明日王建民で必勝を期したいところ。また井川にとっても次の先発で好投して、監督、ファンからの信頼を確固としたものにしたいところです。(GODZ55)
MLBのHPも意外感をもって賞賛
Igawa pens gem as Yanks snap skid
Left-hander pitches six-plus scoreless frames against Sox


 NEW YORK -- The Yankees spoke about needing a solid pitching performance to get them over a seven-game losing streak. They couldn't have anticipated it would come from Kei Igawa, a floundering hurler who'd been relegated to their bullpen days earlier.
Igawa came in under emergency circumstances, taking over for starter Jeff Karstens, who was hit in the right leg by a line drive on his first pitch. Igawa wound up giving the Yankees their best pitching performance in a week, picking up the victory as the Yankees defeated the Red Sox, 3-1, on Saturday.

Julio Lugo ripped a single up the middle on Karstens' first pitch, and the hurler went down, drawing medical attention on the field. Karstens stayed in to pitch to one more batter, but he was lifted after allowing a hit to Kevin Youkilis.

That brought on Igawa, who had originally been scheduled to pitch Saturday but was passed over in the rotation when a rainout presented an option between Igawa -- who struggled Monday against the Rays -- and Karstens.

Igawa responded to the challenge, coming out of the bullpen to deliver six-plus innings of shutout, two-hit ball. The Japanese left-hander walked four but struck out six, providing the Yankees with the strong starting effort they'd spoken about needing desperately to crack out of their skid.
勝った、勝った
 もう一度、「勝った、勝った」。リベラが「S」で勝った。井川の「勝利」で勝った。
 良かった、良かった。
 で、出かけます。良かった。ヒットは7本で並び。勝てたのは、井川の頑張り.......少なくとも、明日のニューヨークの新聞では、井川が英雄 ! (08:23)     Y.I.
ああ
 バリテックにライト前ヒット.......。悪夢が......           Y.I.
やっぱりリベラだ
 そりゃ、心配ですよ。トーリもそう考えているに違いない。でもここはリベラしかいないじゃないですか。
 頑張ってね、リベラ..........防御率12.15。(08:12)   Y.I.
よし1点で終わり
 あとは、8回の裏に点をとって、9回をいかに守るか。リベラか  ?  (08:03)   Y.I.
ローウェルのヒットで
 1点。ヤンキース3-1。二死。クリスプ。
ひどいね
 ヒットと四球でノーアウト1,2塁。ラミレス。心配...............(07:54)   Y.I. 
8回はファーンズワース
 うーん、防御率5.40。でも頑張ってね.....          Y.I. 
よし、7回を抑えた.......
 やったね、ブルーニーちゃん。依然3-0ヤンキース優位。
 うーん、リベラが9回登場か。じゃ、8回はプロクター ? 
 それにしても、5回と6回の二死満塁で松井かロドリゲスが打っていれば.......   Y.I.

  
井川、交代
 馬鹿ロドリゲスが7回にエラー。ノーアウト1塁後にローウェルがレフト前ヒット。ここでブルーニーに交代。心配だが、しょうがないよね。
 たまには抑えてよ.......ブルーニーちゃん。
 テレビの中継が始まって、カーステンズの負傷退場の事情がみれた。大島さんが井川が出てきたとき、「この方が井川にいいのでは」と言っているのは慧眼。               Y.I.
6回裏、カブレラが
 二塁打。ポサダが得点。ヤンキース3-0。ウェイクフィールドは118球で降板。ブレンダン・ドネリーがリリーフ。いよ、井川.............        Y.I.

お、6回も無事終了
 依然、ヤンキースが2-0でリード。6回の井川はツーアウトのあとラミレスを歩かしたが、次のドリューを一塁ゴロでとって、依然1ヒットピッチング。
 行けるかもな...........球数88。  Y.I.
5回裏のツーアウト満塁で
 松井はセンターフライ。ああ、ここで一本出してやれば井川が楽になったのに........。井川、頑張れ.......(06:47) Y.I.
いいね、5回を終了
 球数も76球。内容的には先発と同じだから、まだ行ける球数。ストライクが先行しているのが良い。また肝心なところでストライクとアウトが取れている。
 今のヤンキースでは誰にも後を託せないので、井川君、このまま頑張るかい................零封 ?    Y.I.
お、井川が投げている.....
 びっくりしたな。てっきりカーステンズが投げていると思って5時過ぎにMLBのHPを見たら、井川が投げているではないか。MLBの担当者が入れ間違い(入力ミス)だと思ったのですが、そうではなく、カーステンズがルーゴの打球を受けて負傷、次の打者にもヒットを打たれてノーアウト、ランナー1、2塁で降板、その後を受けて井川がピンチを切り抜け、今4回まで無失点で走っている。レッドソックスは二度のオルティーズのダブルプレーが痛い。
 ちょっと早いが、「井川君、やればできるじゃない......」。もっとも、ヤンキースもナックルボーラーのウェイクフィールドにノーラン。松井はヒットと四球。と書いたら、4回の裏に松井の四球のあとにポサダのHRが出て2-0。ひょっとして、今日は。松井は盗塁も決めている。

 乞う、ご期待。4回を終わって2-0。お、井川君、勝ち投手の権利が生ずる5回だよ。日本時間午前6時25分               Y.I.
いつまで続くこの悪夢・・・
 先週末以来の悪夢が未だにはれない。

 あの後の2試合のR-SOX戦連敗までは何割か既に織り込んでいたが、まさか7連敗とは。あれよあれよという間に首位R-SOXとのゲーム差は既に6.5だ。

 何よりもこの7試合の間、取られた点は計54点、一試合平均約8点。ここまでひどいヤンキース投手陣はほとんど見た事がない。その悪い波長が打線にも影を落としているようにも思う。

 いまがどん底、後は上昇するだけと信じたいが、とにかく投手陣がもう少し踏ん張らないと・・・。

 明日の先発は井川ではなく、カールステンス。

 何とか踏みとどまってくれ!!

ゴジラの今期初HRだけが心の救い・・・
 ヤンキースが全く勝てない。リベラが例の大逆転を食らってから、ヤンキースの投手陣によいリズムが戻ってくる様子が全く見られない。

 井川が先日の敗戦の後に『いい経験が出来て全てがよかった』みたいなことをコメントしていたが、既に4試合もリーグ戦に登板したヤンキースの先発投手がいうセリフではないと思う。ヤンキースファンは敗戦で勉強できてよかったとコメントするようなPREMATUREな投手を応援に来ているわけでは無い。本気でそう思っているなら、マイナーへ行って経験を積むべきではないか。

 明日の先発は、先日好投しながら勝ちを逃したペティットだ。プレッシャーもあると思うが、持ち前の粘りのピッチングで何とかこの悪い流れを断ち切って欲しい。


 さて、これからゴジラの今期初HRをTVで見て、何とか心を落ち着かせよう。明日も頼むぞ、松井!!
5連敗で地区最下位
 松井には第一号が出ました。カズミールからライトの最上段、最深部へのHR。すばらしい当たり。これでリードした。松井は他にもライト前ヒットで一打点。この日は4-2、二打点。ナイス。
 しかし、チームはいかん。せっかく3-2でリーとしていたときにマイヤーが左のクロフォードに満塁HR。これで万事きゅうす。5連敗。デビルレイズにも先に行かれて、地区最下位。
 先発もだらしないが、中継ぎが全くだめ。王建民はそこそこ良かったが、あとは仕事をしていない。ピッチャーの取り方がめちゃめちゃだな、ヤンキースは。
 いつ回復してくるのか。ヒットの連続試合を続けていたAロッドもこの日はみっともない三振を最後の打席に喫するなど、無安打。あーーーーーあ。
                         Y.I.
ヤンキース三連敗後も
 冴えない展開ですな。何よりも、井川が痛い。見ていて痛い。はらはらする。そして心配した通りになる。点の取られ方も悪い。
 6回表が終わったところですが、6-7でまだ劣勢。十分に挽回の可能性がありですが、うーん井川はどうにかしないと。ちょっと見ていて、「やる気」がないように見えました。彼の顔の特徴でしょうか。
 松井には一本打って欲しいな。まだ打撃チャンスはある。四球、犠牲フライ、そして外野フライが今までの彼の成績。
 ヤンキースは、今日勝って5割ですからね。

                          Y.I.

 
痛い、本当に痛い!!
 YIさん、下の書込みしている時はヤンキースが余裕で勝つと思ってたでしょう。何と8回裏に5点を許して大逆転負けを喫してしまった。
さぞやR-SOXファンにとっては気持ちの良い試合だっただろう。

 筆者も前半は本当に懐かしいペティットの登板を久しぶりに生で応援。それも7回途中までは彼がバリテックのHRによる2失点のみに押さえての好投でマウンドを降りて、そこまではゴキゲンだったのだが・・・。

 YIさんの書込み通り本当に今のA-RODは凄い、ただそれでも今日勝てないってのはどういうこと?!せっかくのペティットの勝試合をつぶしてしまったし、8回からリベラを投入しての敗戦、本当に痛い。
 まあ、すんだ事だし162分の1試合と忘れるしかないだろう。

 ただ、よく理解しておく必要があるのはR-SOXはリベラに対して全く苦手意識を持っていないこと。ことR-SOXに対してはリベラの投入はいい条件で行わないとむしろ彼らの打線に火をつけてしまうだけだということである。明日は勝とうヤンキース!!(正直先発投手を考えると少し歩が悪い)


 岡島投手、ヤンキース相手にMLB初セーブ、おめでとうございます。(でも次回はそう簡単にはいかないよ)

andy
今日は残念、ペティット君。でもナイスピッチングでした。
うーん、悩むな.....
 でも決めました。すみません。月曜日のヤンキース対レッドソックス戦では例外的に「松坂」を応援することにしました。松井はまだ出てこれないし。


 Aロッド君が絶好調なのは結構。しかし対戦としても、「松坂 対 Aロッド」は楽しみ。で、この対戦では私は「松坂」を応援しようと。


 松坂がまた負けたら、これは1勝3敗となる。私も注目している日本のエースの成績としては、ちょっとまずい。松坂には、Aロッドを抑えて欲しい。


 松坂、頑張れ......(松井が出てきたらまた違います.....)


                   Y.I.

祝!! 井川、MLB初勝利
 井川君、MLB初勝利おめでとう!!

 こんな時間に酔払って帰ってきて、大したことも書けませんが、やはり君はヤンキースがここ数年来待ちわびていた期待のサウスポーです。思い切り応援します、頑張って下さい。

 とりあえず、まずは今年のMLBオールスター出場をターゲットに突っ走りましょう。
延長戦、今日は勝ったぜ!!
 昨日はブログに『どうやろこの頃はゴジラがラインアップにいない時のヤンキースへの興味がだんだん薄れているような気がする』と、書いたものの今日はしっかり応援せざるを得なかった。そりゃ、そうだろう。せっかくの週末にA'sに2試合連続の延長サヨナラ負けなんてそんな精神衛生上よくないこと、簡単に受け入れるわけにはいかない。

 よくぞ勝ち越しHRを打ってくれたジアンビ!!(でも打率一割台の5番打者も早く脱却してほしいぞ。)

 ゴジラも早く復帰して5番あたりを打ってほしいものである。


 それにしてもGODZ55さん、久しぶりの書き込みでしたね、それもNY現地支局長K子さんのレポート付き。K子さん、ご無沙汰しています、お元気ですか?次回は是非直接ブログに書き込んでほしいなあ。RYUさんにも宜しくお伝え下さい。
                                JZ
doll
ゴジラ、みんな待ってるぞ~!!
NYK特派員報告
書き込みがないとY.IさんやJZ君からお叱りを受けている会長のGODZ55です。開幕早々のゴジラ戦線離脱で一気にテンションが下がっています。生粋のヤンキースファンのJZ君と違って、ゴジラの居ないヤンキースの試合を観てもねぇ・・・。とは言え、昨日の井川君、ちゃんと観ましたよ。なんかチャベスに打たれるような気がしていたんだよね。こういう勘はなぜか当ってしまいます。初登板よりも俄然良くなっていましたので次回を期待しましょう。
ところで、話題のDICE-K君ですが、我らがNYK支部長、K子さんから特派員報告が入りました。

昨夜(4/11)ジャイロボールとやらを見てみようと思い、自宅で Boston-Seattleの試合を観戦しました。
日本でも放送だったとは思いますが、とにかく松坂選手のこともさておきBoston全体で日本からの観光客に向けた”Come Visit us."風の動きがすごいみたいですね。放送中にいろいろと松坂について語るんですが、2つ驚いたことがありました。

1.岡島選手を映像で流しながら、”彼はもう一人日本から来た選手ですが、松坂選手がカルチャーショックなど米国での新生活にできるだけ違和感を感じないような配慮からつれてきたんです。”とサラ~と岡島選手は松坂のオマケ的解説があって、あんまりサックリと言うので驚きました。
2.松坂選手が投げ、イチロー選手が打席に立った時、”それではここでNHKの放送を数分。”と言ったかと思ったら、本当に日本語の野球解説が入ったんです。ESPN2 のチャンネルで、、、ですよ。字幕はもちろんありませんから、NHKの実況が全米に流れている数分間は日本語わからない人には映像のみ。本当にびっくりしました。

結果は結局 シアトルの勝ちで夜のニュースではシアトルのピッチャーの方に話題が持っていかれちゃいました。


岡島、頑張って見返してやれっ!
井川君、残念でした!!
 皆さんご存知の通り、今日も井川のMLB初勝利はお預け。6回半ばまでの粘投も報われなかった。
 
 前回の登板を称して
Y1さんが、『井川は試合を作れなかった』と述べておられたが、最新のスポーツ誌ナンバーによると、本人はそもそも『結果がどうこうとか、ゲームを作ろうとかそんな事は気にせず、全力で投げたいです。』と思っていたのだそうだ。(ヤンキースファンとしてはそこまで言われるともう少し考えてほしいと思わないではないが、一生一度のMLB初登板だし、しょうがないか。)

 今日のゲームも、やはり内角球をストライクに取ってもらえない上に、滑りやすいボールになれていないことで球が浮いて、前半は苦しんでいた。それでも、後半にはストライクが先行し安定感も出てきたようだったのだが、やはりチャベスにHRを食らったのは痛かった。あれはもう少し何とかできたのではないかと残念に思っている(外角高目を狙ったのが内角にいった逆玉だったらしい)。

 それにしてもファンズワース、相変わらず球は速いがストライクが取れずに球を置きにいった所を、思った通り同点HRを打たれて井川の勝ちを帳消しにしてしまった。

 今日のピッチング、NYのマスコミはどう書くのかわからないが、希望がもてるピッチングだったと思う(75点ってとこだろうか)のだが、皆さんはどうだろうか?


追記
 
 前回の書込みからあっという間に一週間経ってしまったが、実はその間ヤンキースの試合結果等、一切ケアしていなかった。そもそもヤンキースがスロースターターでこの時期の結果を気にしてもあまり意味がないということもあるが、どうやろこの頃はゴジラがラインアップにいない時のヤンキースへの興味がだんだん薄れているような気がする。昨今、まま巨人に例えられるヤンキースの一部分がその原因か?ジーターやポサダに声援を送る気持ちは昔と何ら変わりないのだが・・・。
 
うーん
 井川が先発したゲームをビデオにとっておいたので全部見ていますが、 彼はゲームを作れていませんでしたね。取られた7点のうち、3点は完全にアンラッキーだった。
 しかし、彼はとにかくストライクが取れない。スライダーが全く機能していない。ストライクが取れたのはほとんどがストレートです。とにかく投げている時間が長い。2回なんか36球ほど投げていますからね。あれでは味方が嫌になってしまう。井川が打たれたHRは、2本とも松井の頭の上を越えた。
 松井が故障したことを知っている上でビデオを見てるのえ分かったのでしょうが、2回の表のオリオールズの攻撃の時に松井が写って、そのとき彼が左足の太もも裏側に手をやっているのが見えました。もうあのときに違和感があったのですね。
 彼の第一打席はピッチャーゴロだった。「もしかしたら内野安打?」という印象があった。それで彼は一生懸命走った。そのときに寒さもあって、左足太ももの裏側に違和感をもったのでしょう。
 試合は井川の後続の投手が踏ん張っているうちに7-3でビハインドだったヤンキースが8回裏でジオンビーが3ランで7-6。そして9回裏ツーアウトから満塁として、この日メチャあたっていたA-RODが満塁HR。軽々と長打を打つ彼を見ていると、ポストシーズンにとっておけよ、と言いたくなる。
 この日の明るいニュースはジオンビーのHRかな。8回裏のスリーラン。見事な当たり。そしてデーモンの出場。負けていても出したリベラの好調など。
 9回裏の攻撃はこうです。2アウト。そこから。カノーがセンター前ヒット、それまでノーヒットだったジーターが四球、アブレイユが死球、そして満塁でロッドの満塁弾。外角ボール、外角ストライク、外角ファウル、そして次の外角直球をセンターバックスクリーンに。本日二本目。レイは今季初失点。

 
井川7失点!! それよりも松井のケガが!
 井川の初登板は松坂と全く対照的。97球で7失点、連打も浴び四球も出して、ほぼいい所なし。かなりブーイングを浴びたらしい。(実は不覚にもアラームをかけ忘れ、2時からのBS-LIVEを見逃した筆者である) かなり寒くてコンディションが悪かったのかもしれないが、ここまで悪い内容だとヤンキース首脳陣も後1~2試合似た様なことが続けば先発ローテからははずすことを考えざるを得なくなるだろう。

 ポサダのコメント:「変化球をコントロールできなかったので真っ直ぐに頼る投球だった。カウントが不利になったら、このレベルでは苦しい」

 井川からHRを打ったモーラ:「(井川は)コントロールに苦しんでいた。かなりいい直球を投げるが、チェンジアップが機能していなかった」

 それにしても今日はA-RODの2本のHRとブルペンのおかげで勝てたようなもの。(出来の悪い先発に対して、昨日、今日とヤンキースブルペンは相手に点をあたえていない) 今のところ、昨年同様ヤンキース先発陣はかなりひどい。井川が救世主にと思って期待していたのだが、今日は残念な結果だった。一部のヤンキースファンのブ-イングはそういった期待の裏返しでもある。次回は90点以上でなくともよいが70-80点ぐらいの結果は見たいと思う。

 それよりも、気になるのはゴジラの負傷退場(左太ももの違和感)。ご存知の通り、ヤンキース打線は昨年のリーグ打率3位のカノーが7,8番を打つような打線である。早く打線に復帰できると良いのだが・・・・。今日は少し暗めの週末になってしまった。


 後で調べたら9回の逆転劇は2アウト走者なしからで、球場にいたヤンキースファンには本当にエキサイティングな試合だった様子。やはりヤンキーススタジアムで生で楽しめる方がうらやましい。
現地のLIVEな情報はこちら。http://blog.livedoor.jp/okekun/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。