松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オールドタイマーズ・デー
 ヤンキースは小生の先日のばやき以来、そのおかげではあるまいが3連勝。今日は、王建民、ファンズワース、リベラとつないでの一点差勝ちだったようだ。ファンズワースは、8回にアウト3つ取る間に3本ヒットを打たれ、一失点と相変わらず危なっかしかったようだが、リベラは9回ノーヒットで逃げ切った。やはり過去の対戦経験の少ないナ・リーグの打者にはリベラはまだまだ強い。従って、

     2006 Yankees One-Run Game Counter W 11-10 

のはず。(でもこの頃このカウンター、あっているのか少し不安になってきた。先日のR-SOX7連勝もやはり間違ってたし。R-SOXは今日の勝ちで7連勝です。)

 話題は変わるが、今日ヤンキースのHPを見ていて気がついたが、明日6/24はヤンキースホームゲームのイベント日で、オールドタイマーズ・デー(過去の名選手感謝デーのようなもの)だ。

 オールドタイマーズ・デーと言えば、2003年にNY旅行し、スタジアムに一人で行ったときにこの日(この時は7月だった)にかち合った。当日チケットは100ドルを越える席しか残ってなく、事情を知らなかった筆者はなんでこんなに混んでるんだろうと思いながら入場。すると開始時間前のはずなのになぜかグランドでは、練習ではなく試合をやっていた。

 実はOBによるエキジビジョン戦をやっていたのだが、この時のメンバーには、レジー・ジャクソン、デーブ・ウィンフィールドがいてびっくりしていたら、レジーは何とランニングHRまで打ってしまった。

明日のエキジビジョンでは、デビット・コーン(98-00年のWS3連覇当時の先発ピッチャー、常勝ヤンキースの立役者の一人。99年には、当時のもう一人のデビット(筆者の好きなデビット・ウェールズ)の98年に続き、ヤンキース・スタジアムでパーフェクト・ゲームを記録した好投手。彼のスライダーは切れ味が鋭く、よく解説者がジャックナイフ・スライダーと呼んでいた。)が投げるらしい。
 
 日本でもオールスター・ゲームの前にでもこんな試合をやったら面白いかもしれない。


reji-
そのエキジビジョン試合の後ファンへのサインに応じるレジー・ジャクソン。結構近かった。(チケットも高かった。)

D・コーン
こちらは、そのコーンのパーフェクト記念T-シャツ。ここ数年、一度も着てないなあ。
スポンサーサイト
ぼやいてみたら2連勝
 柄にもなくヤンキース相手にぼやいてみたら2連勝。少しほっとした。たまには、ノムさん戦術もいいかもしれない。でも、R-SOXも、B-JAYSもその間同様に負けなし(R-SOXは7連勝中、かな??)。それほど喜んでもいられないが、今日の勝利は5投手でつないでの完封勝ち、勝利投手はジャレット・ライトだった。ライトもがんばっていると言ってあげたいのだがBBが多いのだけはなんとかしてほしいと思う。明日は王建民が先発、R-SOXが負けるまでは負けないようにしないと。

 ここのところ、ゴジラの話題で全く書込みができておらず、松井を応援するブログとも言いづらくなってきた。この間ニュースで入ってきたのは、例の破局報道だけ。個人的にはすごく残念だがこれについてはあまりコメントしないでおきたい。やはり、男と女の間は難しいものなのだと思う。どうも多くの人がいい人と思う男性と、いい人と思う女性のカップルが必ずしも幸せになれるとは限らないようだ。


 
ぼやき
 バーニーの活躍で勝利しスッキリした後、何が待っていたかと言うと、ナショナルズ相手に2試合連続で勝ててよかった試合を逆転負け。(BSフジには感謝だが、深夜の試合を一部意識不明に陥りながらも応援して残ったのは、何かがおかしいという感覚だけだった。)

 今日は今日とてRandyの好投に報いることが出来ず、このところ落ち着いていたと思った内野エラー(まあ、A-RODかカノーだが、今日はカノーの番)からはじまった逆転負けらしい。

 まあ、この状態でR-SOXとまだ2ゲーム差なのだから、SOXにもこれといった決め手がないのだろうと窺い知れるが、ヤンキースも何とかしないと、BLUE JAYSもすぐ後ろに迫っている。

 昨年後半10勝を挙げ、今期もと期待していたスモールも戦力外通告となってしまった。悪いことばかりがどんどん積み上がっている気がするが、ここが最悪期、我慢のしどころと信じよう!!

 と言うことで、ワールドカップ決勝トーナメント進出も難しくなったところで、思いっきりまとめてぼやいてみました。まあ、明日から何とかなるでしょ


 
#51バーニー、意地の勝越しHR ヤンキース快勝
 本当に久しぶりにヤンキースの試合を最初から最後まで見ることが出来た、それもLIVE。BSフジさん本当に有難う、感謝します。その上、明日、あさっての試合も同じように放映してくれるのですね。秀喜、感激!!我ながら古い!)です。

 今日の結果は、ナショナルズ相手に、7-5 の勝利!!  

 試合の内容も両チーム合わせて34選手が出場した総力戦、見ていて久しぶりに体が前のめりになるような好ゲームだった。

 試合が決まったのは#51バーニーの9回の勝越しHR。だが、前半の今日のゲームは彼にとってかなり屈辱的なものだったはず。バーニーの肩の衰えをついたかなり露骨なナショナルズの走塁で、普通であれば考えられないホームインを2度も許してしまった
 しかし結局バーニーは5打数4安打最後にお返しとばかりに男の意地の一発を見せてくれた。バーニーが今シーズン、チームに残ってくれて本当に良かった。

その上、
 ジ-ター: 3の1 2BB
 ポサダ:  2の2
 リベラ:  5人の打者を完璧に料理


と、その他ヤンキース生抜きのWS3連覇メンバーが大活躍。本当~にスッキリした。あまり気持ちが良かったので、選手が試合終了後にハイタッチをしている間に、ついつい自分でフランク・シナトラの“NEW YORK,NEW YORK”をステレオでかけて、ヤンキース・スタジアム気分を満喫してしまった。

 これから先も、週末にヤンキースの試合がどれだけ見られるかわかったものではない。明日も、あさっても必ず見るべし!


20051224190911.jpg
バーニー ギターもいいけど引退する前にヤンキースでもう一度、5個めのチャンピョンリングをゲットだっ!!
ヤンキースの連敗は4連敗でストップ
 結局前回の書込みの夜、午前3時前に起き出して応援するも願い空しく、A'Sにスィープをくらい、R-SOXとの最終戦からの4連敗となった。(結局ファンズワースが終盤に勝ちこしHRを打たれての敗戦。彼は才能がありながら最も結果が出ていないメジャーリーガーのベスト5内にランクされているとか)

 だが、今日はこのところ先発投手の中で一番頼りになる王建民、マイヤーズ、ファンズワース、リベラの継投で完封一点差勝ち。これでまたR-SOXと同率首位に追いついた。 で、


 2006 Yankees One-Run Game Counter: 10-9

となった。相変わらず故障者続きに変わりない中、善戦だと思う。今日の試合内容を覗いてみるとまた知らない、見たことない外野手がライトを守っている。(トンプソンって誰??)

 ライトと言えば結局シェフは左手首を手術、戻ってこれるのは9月になる。8月末にメジャー登録されていない選手はプレーオフに出場資格がないことは以前書いた。ただ、逆に8月末のメジャー登録選手がプレーオフの時期にDL入りしたりするとその代わりにということで出場のチャンスがあるらしい。今年のシェフはどうなるのだろう?

 ただ、タイガースは相変わらず強い、W-SOXも同様。やはり今年は地区優勝しないとプレーオフ出場はきついかもしれない。


106_0640_r1-1.jpg
トーレ監督、辛抱大変だとお察ししますががんばりましょう。
懐かしい顔
 先週のNHKのMLBインサイド・レポートで懐かしい顔を見ました。

 それはヤンキース・スタジアムツアー案内役のおじさんです。今回、スタジアムのモニュメント・パーク等をNYの人気ミュージシャンに紹介するコーナーがたまたまあってこれに出演(といっても、いつものスタジアムでの出演ですが)していたもの。
 2003年(松井の1年目)にNYに旅行した際にスタジアムツアーに参加。その時このおじさん(もちろんその時は知らなかったのですが、トニーさんというのだそうです)とは少し話をして(ヤンキースのデイゲームを日本の朝の2時、3時に起き出して見ている話をして感心された(あきれられた?))、トニーさんのしていた2000年のチャンピョンリングの写真を取らせてもらったり、家族写真をとってもらったりしたのを覚えています。


ChampRing.jpg
その時のチャンピョンリングの写真がこれ。今年は是非ゴジラ(そしてトニーさんにも)にゲットしてほしいものです。

 皆さん、ご存知の通り今のヤンキース・スタジアムは2008年のシーズン後に解体。新スタジアムでもスタジアムツアーはあるんでしょうが、参加するなら歴史あるベーブの建てた家、今のスタジアムの方が絶対バリューあり。なにせ期間限定ですよ。

ベーブ
これはロケットが登板前にいつもなでてからマウンドに向かっていたモニュメントパークのベーブ・ルースのプレート。ツアーに参加すればロケットのように触れることができます。

  おまけ

 今日は久しぶりにヤンキース戦のTV放映があります。(捨てるNHKあれば、拾うフジTVあり)正確には、明日の早朝3時ぐらいから。
 今ヤンキースはA'Sに2連敗中。現在1ゲーム差の地区2位、現在、大塚のレンジャースと試合中(5回を終わって3-3の同点)のR-SOXが勝ってしまうと1.5差です。今日は何とか勝たねば。
 先発は、ケガから復帰の#39チャコーンVSバリー・ジート。チャコーンの久々の登板を考えると少し歩が悪いような気もしますがスイープだけは絶対阻止せねば!!!応援しましょう。


追記

 レンジャースは結局、7-4で勝利!大塚は最終回、R-SOXを三振、セカンドフライ、ショートゴロの三者凡退に抑え、11セーブ目をあげました。これでまたヤンキースとの差は0.5ゲームです。
 

ここのところ良かったこと
 さっきまで30分がかりで書いた書き込みを消去してしまいました。めげずに書き直します。苦苦苦・・・

 ここのところ良かったこと

 前回の書き込み以来のヤンキースの戦績は2勝2敗。ただし、R-SOX相手に2-1と勝ち越し地区首位に立った。ジーターまでが故障者の列に並ぶ異常事態で十分な結果、今日の負けも相手がシリングだったと割り切ればよい。

 2006 Yankees One-Run Game Counter: W 9-8

ついにこの数字で勝ち越し。故障者だらけになってからの方が、この結果が良いのは不思議。やはり、危機感と真剣さは組織力をシャープにする

 カブレラ守備でも活躍 - ここのところだいぶ打率の落ちてきた松井の代役レフト、カブレラだが先日R-SOXに2-1で勝った試合では9回にラミレスのHRをもぎ取る超ファインプレー。ここのところ総合的な評価は以前より高まっているのでは。やはりゴジラもうかうかしていられない。

 ドッテル復帰の話題 - ヒジの手術からリハビリ中のドッテルが6/11に1Aで投げるらしい。ファンズワースほどではないにしろ、期待大な速球派であることは以前書いたが待ち遠しい。(でも先日NHKダイジェストで見ましたが、つぼにはまった時のファンズワースのファーストボ-ルには思わずうなってしまいますね。もっとTVのLIVEで見たい!!!)

 さあ明日は、Randyの登板試合。がんばって欲しいものです。(でもTV中継ないんだよな~、ぶつぶつ)




ヤンキース 今日も一点差勝ち
 今日も勝ちました、ヤンキース(6対5)。で、本日時点で

     2006 Yankees One-Run Game Counter: W 8-8

  です。

 相変わらずTVで見れないヤンキースのゲームですが、ヤンキースのHPからアクセスできるGAME DAYでほぼリアルタイムで状況は把握できます。
 Randyはいきなり3点取られる苦しい立ち上がりだったようですが、その後立ち直って7回までなんとかしのぎ、プロクターへバトンタッチ。一旦同点に追いつかれたのですが、足の指の故障をおして出場中のデーモンが10回表に勝ち越しソロホーマー。10回裏には何と一昨日のゲームで先発した王建民がクローザーとして登場しての勝利。まさにフル回転状態です。

 ヤンキース打線を見てみると、今日は3番ジーター、4番ポサダ、5番バーニーと、開幕当初の3~6番(シェフ、A-Rod、ジオンビー、松井)はすべて不出場リベラも腰痛で登板できず。こんな状態で本当に良くがんばっていると思います。TVで応援できないのが本当に残念です。

 先日NYのオケさんにコメントをもらったように、主力メンバーがそろう頃にはとんでもなく層の厚いヤンキースを見ることができるような気がします。真剣にゴジラもうかうかしていられないのでは!


sign
都内某所にあるゴジラ行きつけの韓国料理屋の壁に書かれたサイン。松井はここのコプチャン鍋が好物なのだそうです。
5/28以降の一週間
 前回に続き、一週間ぶりのブログ更新となってしまいました。個人的には物理的な理由(単に時間がなかっただけ)もあり、松井のニュースがないとついつい書き込みを怠ってしまう。反省!!

 さて、この一週間をラップアップすると、
 
 まず、ヤンキースは大いにがんばった直近の7試合で6勝1敗特にリーグ勝率首位をひた走るタイガースに3勝1敗としたのは大きい

 プレーオフ出場に関して、ワイルドカードでの出場まで視野に入れると、中地区で勝率が非常に高いタイガース(現在36勝19敗のリーグトップ)、ホワイトソックス(現在33勝21敗)は非常に気になる。現在のケガ人続出、満身創痍のヤンキースがここで2つ勝ち越したのは後になって効いてくるのではないかと思っている。ただし、去年のオリオールズがこのくらいの時期まで突っ走って、その後墜落したようなことがタイガースにもないとはいいきれないが。(ちなみにその突っ走っていた時のオリオールズ監督は現在のヤンキースのマジーリ・ベンチコーチです。)

 また、この間一点差の試合が3回あり、これは2勝1敗。現時点で

 2006 Yankees One-Run Game Counter : W 7-8
 とにかく、一時期のように競った試合ではほとんど負けといった状況ではなくなってきました。今シーズン、まだこの数字が勝ち越しに転じたことはないのですが、もうそろそろ勝ち越しに転じてもおかしくないのではと思っています。

 その他の話題

 1.ロケット、アストロズへ
一時期、レッドソックス入りの噂のあったクレメンスのアストロズ入りが決まった。レッドソックスでなくて、よかった、よかった。

 2.シェフ、2度目のDLへ
復帰を聞いて安心していたシェフィールドが再度のDL入り。ポサダ、ジョニー・デーモン、直近ではついにリベラの故障のニュースまで。相変わらず故障者の列は続く・・・

 3.現在のヤンキースの先発ローテーション
ここのところケガ人続出の上、TV放映が少なく私でさえ良くわからなくなった先発ローテですが、今調べたところ
  ムッシーナ、王建民、ライト、ランディ、スモール
#39チャコーンはやはりケガで復帰待ち、パバ-ノは言うに及ばずですが、その代わり、王建民、ライトがここのところ入れ替わり立ち代り、何とかかんばっているようです。ライトは今日は勝ちはつきませんでしたが、6回投げて、2失点無四球。少しずつ投手陣に地力がつきつつあるような気もします。

 4.今月のヤンキース戦放送予定
 調べたところ、6月のヤンキース戦放送は、レッドソックス戦と、なぜかブレーブスとの交流戦、すべてウィークデイの放送のみです。やる気でんわ、やっぱりNHKさん、週末にヤンキース戦をよろしくお願いします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。