松井を心から応援する会のブログ
松井秀喜のチャンピョンリングゲットをサポートする応援ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリナースに完敗。 イチロー、城島にやられた!!
 本日の完封負けでヤンキースは借金2へ。今日の試合ではほとんどいいところがなかった。ゴジラも2打席目のツーアウト、1,2塁のチャンスで2球目をあっさりとキャッチャーフライ、4タコで打率は2割5分を割り込んだ。(クラッチヒッターのゴジラは、今は何処へ?)

 一方、マリナースは少ないチャンスをきっちりものにして効率的な勝利。1点目は2ベースのイチローがホームイン、残りの2点は城島の2ランHRと共に日本人プレーヤー絡みだが、現在のヤンキースの状態ではとてもこれを喜んでいる余裕は無い。

 個人的見解だが、ゴジラは例のケガからの復帰の際、ガニマタ打撃フォームに改造して一時期外角の球をうまく引っ張ることに成功して以来、どうもライト方向へ無理に引っ張る傾向が出ているように思うのだがどうだろう?センター返し、レフト方向へのヒットが減って、1,2塁間へのゴロが増えているように思うのである。(
相手チームもそれを見越して、対ゴジラ守備位置のシフトくらいやっているような気がする。)

 明日のヤンキース先発は、筆者がまだ見たことがない若手デルサボ(ちがったディサルボだった)。今日のラズナーの取られた3点にしても十分試合になる範囲の失点だ。新人は打線が打って結果で育ててあげないと。明日は打ってくれゴジラ、 城島のHRが4号で、君がまだ2号、打率0.243じゃ寂しい・・。


トーレ
これは2003年にゴジラを応援に行ったときに手にいれたロケットの300勝記念T-シャツ。まさかまた普通に着れると思っていなかったが・・・。でも、今戻ってくるなら引退撤回の際、素直にヤンキースに戻って欲しかった。
スポンサーサイト
5YEARS AGO
 今日の日経の春秋は復帰間近の松井と、明日でちょうど5年をむかえる「9.11」についてだった。

 5年前、筆者は日本への帰任の内示を受けていたもののNY駐在中、あの事件が起こった時はミッドタウンのオフィスで後任者への引継ぎの準備をしていた。

 当時メジャー・リーグが一時の中断の後再開された時、ヤンキースや、メッツの選手は命がけでこのテロに立ち向かった警察官、消防士に敬意を表し、チームのキャップではなく「NYPD」(NEW YORK POLICE DEPT.)、「FDNY」(FIRE DEPT. of NY)のキャップでプレーしていた。あれから5年、本当に月日の経つのは早いものだ。ひょっとしたら9/11のゲームでは、ヤンキースやメッツは、同じように「NYPD」や.「FDNY」のキャップでプレーすることがあるのだろうか?


 松井の座右の銘という意味では、「努力できることが才能だ」というのは聞き覚えがあったが、今日紹介されていた「一日一生」と言うのは初めて聞いた。いい言葉だと思う。記事も切り抜いて取っておこう。

 トレントン・サンダースの今シーズンは今日の敗戦で終了。ゴジラは9/12からヤンキースに合流する。地区優勝はほぼ間違いのない所で、それなりに出場機会はもらえるだろう。カブレラとの勝負が待っている。

060402_1236~01.jpg
熱い戦いを期待してます。松井君!
Happy Birthday, Yankees Stadium!!
 そう、何を隠そう今日4/18は、ヤンキース・スタジアムの誕生日である。彼(もしくは彼女、英語で球場はHeだったけ、Sheだったっけ?まあいい、)の生年月日は1923/4/18なので本日で満83歳となる。

 だたし、ご存知の通り、現ヤンキース・スタジアムは、2008年をもって取り壊しとなる。その意味では、余命宣告をされた悲しい立場である。と、先日まで思っていたのだが、実はスタジアムは取り壊される一方、フィールド部分は残した上でアマチュアに解放されるという話を聞いた。逆にすごいと思ったのは、これが本当ならメジャーリーグ・プレーヤーでなくとも、あのベーブ・ルースや、今のゴジラが立った左バッター・ボックスや、ジョー・ディマジオが立った右バッター・ボックス、ゴジラが守ったレフトで草野球が楽しめるチャンスがあるということだ。

 確かに、MLBのコマーシャリズムは否定の出来ない事実だが、ベースボール・ファンを楽しませる術は心得ている。と、改めて思った次第である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。